サーチコンソール 「インデックス カバレッジの問題が新たに検出されました」場合の対処方法

Search Console

Search Consoleに登録しておくと「インデックス カバレッジ」関連の問題があると通知メールが届きます。急に届くので気になってしまいますね。「インデックス カバレッジ」は新Search Consoleになって最も変わった機能です。

▼インデックス カバレッジの概要についてはこちら
https://www.web-ma.co.jp/search-console/index-coverage.html

サーチコンソールから通知メールが届く

Googleからの通知メール

「インデックス カバレッジ」関連の問題があると登録メールアドレス宛に通知が届きます。「新たに検出された問題」に概要が記載されています。上記の場合は「送信された URL のクロールに問題があります」とあるので、サイトマップ送信したURLの中に問題があっただろうと推測します。実際にはSearch Consoleにアクセスして確認しましょう。

サーチコンソールでエラー内容を確認する

新Search Consoleにアクセスし該当サイトの「インデックス カバレッジ」を見ます。エラーがあり「送信された URL のクロールに問題があります」のところに1件チェックがあります。

インデックスカバレッジエラー

クリックすると該当ページがわかります。以前削除したページが表示されていました。ページは削除したのですが、サイトマップには記載したままだったので修正します。

送信された URL のクロールに問題があります

エラーに対処をしてGoogleに伝える

エラーとなっている部分の修正をします。ここではサイトマップから削除済みのURLの記述を外しました。修正をしたのでGoogleに伝えます。「修正を検証」ボタンをクリックします。

修正を検証

ボタンを押すと検証が開始されます。

詳細を表示

詳細を表示をクリックすると「保留中の検証」に1件表示されます。検証中なので問題ありません。

検証の詳細

検証が開始されると登録メールアドレスに通知が届きます。あとはしばらく待ちます。

インデックスカバレッジに関する問題の修正を確認しています

検証後、合格した場合Googleからメールが届きます

修正に合格するとその旨が通知されます。Googleが「インデックス カバレッジ」の問題が修正されたことを確認しました。

インデックスカバレッジに関する問題が修正されました
※画像は別サイトの検証結果メール

今回の修正自体は対したことではないのですが、Googleがわざわざ通知しているという事実はあります。考えるに、Googleはクロール負荷を減らしたいのでしょう。サイトマップに記載されているURLにGooglebotは繰り返しアクセスします。無駄なクロールを減らすためにSearch Consoleを通じて運営者にアプローチをしているのかと。この件以外にも弊社はクロール負荷を減らす設計に注力しており、クローラビリティが高い方がSEOに好結果になっているという感覚があります。ページの表示速度もそうですが、Googleの通知メールには無視せずに対応をご検討ください。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。

Search Consoleは集客アップ・ホームページ改善に役立つSEOツールです。

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村