モバイルSEO

モバイルファーストインデックス導入で評価基準が変わる

Googleは今後ウェブ検索におけるコンテンツ評価基準のプライオリティをデスクトップ版からモバイル版へ変更します。
そのためモバイルサイトのコンテンツ設計が最重要となります。モバイル版の内部設計いかんによっては検索されないページが存在する可能性もあるのでご注意ください。

モバイル ユーザビリティ:NG>
[モバイル ユーザビリティ]
Googleが提供している「Search Console」はGoogle検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視・管理できます。モバイルユーザービリティについてGoogleの認識をチェックします。
PageSpeed Insights
[PageSpeed Insights]
GoogleはSEOのランキング要素(アルゴリズム)としてウェブページの読み込み速度を取り入れています。PageSpeed Insightsを利用するとウェブページの速度チェックと問題解決の方法がわかります。
AMPに対応したウェブページ
[AMP]
AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応するとGoogle検索で雷のラベルが付きます。コンテンツをAMPに対応させるとGoogle検索からページ表示の通信データ量をおよそ 1/10 に低減できます。
Fetch as Google
[Fetch as Google]
Google検索で表示されるまでの時間を短縮するためにはインデックスを早める必要があります。そこで役立つのがFetch as Googleです。URLを送信すると即時にクローラーを呼び込めます。
クロールエラー
[クロールエラーと統計情報]
Search ConsoleでGoogleクローラーの巡回状況(直近のグラフのみ)とその際に発見したエラー状況が確認できます。クロールエラーと統計情報を確認すると予期せぬトラブルを未然に防げます。
クローラー解析ツール
[クローラー解析]
クローラー解析ツールを導入するとクローラーの種類や実際に巡回したページ・時間も把握できます。クローラー解析ツールはGoogle Analyticsと同期し閲覧可能です。

Webの間のコラム

主にSEO・クローラビリティに関するコラムを配信しています。