クローラー全体は増加、Googlebotは減少傾向/2017年6月11日〜6月17日クローラー解析

クローラビリティ
2017年6月11日〜6月17日クローラー解析

2017年6月11日〜6月17日は911セッション31種類のクローラーアクセスがありました。前週比で約24.62%の増加です。減少傾向から一転、約四分の一もの増加となりました。

2017年6月11日〜6月17日Googlebot解析

GooglebotはPC版・スマホ版ともに減少です。PC版は約12.67%、スマホ版は約28.57%と減少しました。全体的なクローラーアクセスは増加傾向ですが、Googlebotは減少と落ち着いている状況です。クローラーの稼働率は各検索エンジン・サービスによって違いがあるので全体傾向を見ても仕方がありませんので、対Google検索としてはクローラーは減少傾向だったということになります。クローラー全体が増加したのはサーバー負荷が増加した、くらいの認識でしょうか。

2017年6月11日〜6月17日検索エンジン解析

Google以外、その他の検索エンジンのクローラー動向です。Bing、Yandex、Haosou、米Yahoo!、百度、DuckDuckGoと続きます。今回YandexとHaosouが大幅に増加しました。Haosouは前週がほとんどアクセスがなかったので心配でした。一安心といったところでしょうか。

2017年のクローラー動向を集計しました

今年のこれまでのクローラーアクセスをわかりやすくするために一覧化しました。よろしければご覧ください。

▼2017年クローラーアクセス解析
https://www.web-ma.co.jp/analytics/2017.html

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。
著者によるサービスについて

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村