[2018年版]seoでタイトルタグにキーワードを含めることの重要性を調査しました

SEO

SEOにおいてタイトルタグにキーワードを含めることはどのくらい重要なのかを改めて調査しました。2018年現在の傾向がわかります。調査日は2018年3月31日。
調査対象キーワードは「seo」「fx」「キャッシング」「レーシック」「転職」「小林麻央」「北朝鮮」「ドラクエ11」「台風」「wbc」。選定基準は競合性が高い5ワードとGoogleトレンドの2017年急上昇ワード上位5ワードです。

▼Googleトレンド
https://trends.google.com/trends/

検索クエリそのものが1ページ目、2ページ目、3ページ目でそれぞれタイトルタグに含まれている数を比較します。今回はタイトルタグにキーワードそのものが含まれているか否かを計測しました。

[注意]
・大文字、小文字は問いません(「fx」と「FX」は同じ)
・言い換えは含みません(「FX」と「外国為替証拠金取引」は別)
・略称も含みません(「WBC」と「World Baseball Classic」は別)

調査結果「1ページ目のタイトルタグ含有率は89%」

2018年3月31日時点の調査結果は以下です。1ページ目は89%、2ページ目で92%、3ページ目で約92.6%となりました。

seo fx キャッシング レーシック 転職 小林麻央 北朝鮮 ドラクエ11 台風 wbc 合計
1ページ目 9 9 10 10 10 10 8 8 10 5 89
2ページ目 19 18 20 20 20 20 17 16 20 14 184
3ページ目 29 27 30 30 30 28 26 26 30 22 278

今回は「ドラクエ」と「ドラゴンクエスト」、「11」と「XI」などは別として考えており、単純にキーワードそのものの含有率を計測しています。Googleがキーワードを関連付けていることを考えると、サイトの設計はキーワードを重視して構築することがSEOの観点からは大切であることが改めてわかります。

タイトルタグにキーワードがなくても上位表示ができる?

今回の調査の中だけで言うと、検索クエリがタイトルタグに含まれていないケースもありました。例えば「小林麻央」で言うと2ページ目までは小林麻央さんの情報ですが、3ページ目には過去に所属していた芸能事務所と妹の小林麻耶さんの記事が表示されています。

また、最もキーワード含有率が低い結果となった「wbc」の場合は、「野球」「ボクシング」「それ以外の略称」と複数の検索結果を提供しています。おそらく大半のユーザーの検索意図とは異なるであろう「横浜ワールドビジネスサポートセンター」のページも3ページ目にありました。検索クエリに対して多様性がある検索結果を返そうとしているところは昔から変わっていません。

タイトルがあるから検索対象となった

今回のテーマはタイトルタグにキーワードが含まれていることの重要性なので、この点で話を進めます。先日別サイトに公開した2つの記事があります。どちらも記事内容は同じです。公開日はnote.muが2018年3月15日、自社サイトが2018年3月19日です。

https://note.mu/webnoma/n/nb97f2fd84efa
https://www.web-ma.co.jp/column/seo/1231.html

note.muは「note.mu seo」で2位にいます。自社サイトは同クエリで10位です(2018年3月31日時点)。公開日が早い方が順位が上ですね。

「note.mu seo」検索結果

note.muと自社サイトは記事内容は同じですが、1箇所だけ違いを付けました。それがタイトルタグです。自社サイトには「(補足インデックスで検証)」という一文をタイトルタグに入れてます。すると「補足インデックス」で4位に表示されました。note.muは検索対象となっていません。

「補足インデックス」検索結果

どちらの記事中に「補足インデックス」というワードはありますが、タイトルタグに入れることで自社サイトは検索対象を広げることができました。

タイトルにキーワードを入れない理由はない

SEOの観点でタイトルタグにキーワードを含めることのメリットを考えました。

・タイトルタグにキーワードを含めることで関連性が増す
・ページが拡散されるとタイトルタグの内容での被リンクとなるケースが多い

タイトルタグと被リンク、昔からSEOで重視されていることです。2018年になっても何も変わりません。改めてですが、基本が大事なのです。

日下誠彦
執筆者:
株式会社エフティスマイル代表取締役。上場企業でのSEO・SEMの実績多数。現在は企業のSEO・インターネット広告におけるコンサル業務、及び自社サービスのSEO・SEM戦略を行っている。

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
お客様に最適なWEB集客&コンテンツをご提案します