全体的にクローラーのアクセス数が減少傾向/2017年4月16日〜4月22日クローラー解析

クローラビリティ
2017年4月16日〜4月22日クローラー解析

2017年4月16日〜4月22日は706セッション40種類のクローラーアクセスがありました。前週比で約11.64%の減少です。クローラーの種類は前週よりも10種類増えました。

2017年4月16日〜4月22日Googlebot解析

Googlebotは前週よりも減少しました。PC版は約1.69%、スマホ版は約6.25%です。数字にするとそれぞれ、3・1と微減です。平均セッション時間はPC版が2分3秒と前週よりも1分以上短縮しています。

Googlebotが減少して実際のアクセスがどうなのかと気になりますが、当該期間のSearch Consoleの検索クエリを見ると平均検索順位が上がり、クリック数も増加しました。ただ、表示回数は若干減少しています。(グラフがありませんが、そのような結果となっています)

2017年4月16日〜4月22日検索エンジン解析

そのほかの検索エンジンです。Bing、Haosou、Yandex、米Yahoo!、百度、DuckDuckGoと続きます。DuckDuckGoは1アクセスなので省いたとして、全てのクローラーが減少しました。上位アクセスのクローラーが全て減少と珍しい結果になっています。

2017年4月16日〜4月22日SEOツール解析

最後にSEOツール2種のクローラーです。当サイトにアクセスが多いAhrefsとMajesticです。Ahrefsは約0.88%の減少、Majesticは18.18%の増加でした。クロール数ではAhrefsは113、Majesticは26と大きく差がありますね。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。
著者によるサービスについて

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村