依然としてGooglebotスマートフォンのアクセスが低調傾向/2017年2月26日〜3月4日クローラー解析

クローラビリティ
2017年2月26日〜3月4日クローラー解析

先週(2017年2月26日〜3月4日)は756セッション31種類のクローラーのアクセスがありました。前週比で約11.06%の減少です。

2017年2月26日〜3月4日Googlebot解析

まずはGooglebotから。PC用は313セッションから249セッションと約20.45%の減少、スマホ用は24セッションから27セッションと12.50%の増加となりました。最近2回の計測からスマホ用Googlebotはクロール数が減っています。Google検索の結果が基本的にPC・スマホ同一でありますが、インデックス時にウェブサイトのスマホ表示確認は必要なはずです。スマホ用のクロール数が減少する理由はないはずですので、今後の動きが気になります。

2017年2月26日〜3月4日検索エンジン解析

その他検索エンジンです。Bing(増加)、Haosou(減少)、米Yahoo!(横ばい)、Yandex(横ばい)、百度(減少)と続きます。

2017年2月26日〜3月4日Ahrefs解析

先週のAhrefsです。130セッションから109セッションと約16.15%減少となりましたが、全体で2位のアクセスがあります。世界全体でクロール数が増えているそうですね。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。
著者によるサービスについて

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村