クロールエラーは順位下落に影響があるのか

SEO
ダウン

今気になっていることはGooglebotのクロールエラーについてです。

ウェブマスターツールには「クロールエラー」という項目があります。文字通りクローラーがエラーとなったURLを指定してくれるものです。この数が非常に多いサイトがあるのです。

該当サイトは運営期間も長いサイトです。ロングテールも獲得できていました。それがここしばらくサイト全体の流入が激減しています。

サイトの再審査リクエストを送ったところ、手動による対応はしていないと返信がありました。つまり現在の状況はアルゴリズムによるものであるということです。返信は定型文なのですが、その中で気になる箇所があります。

Google の検索結果でサイトの掲載順位が変わり、単なるアルゴリズムの変更が原因ではないと思われる場合は、その他の原因として、サイトのコンテンツ、コンテンツ管理システム、サーバー構成などに大きな変更がなかったか調査することをおすすめします。たとえば、Googlebot がサーバー上のページにアクセスできない場合や、サイトで大部分のページの URL を変えた場合は、サイトの掲載順位が下がることがあります。

サイト内のURLの変更はしていません。しかしウェブマスターツールのクロールエラーをみると結構な数のエラーが出ています。

ウェブマスターツールのクロールエラー

ということで現在このクロールエラーを解消するための施策を行っております。本件については後日対応の結果をお伝えします。現時点では確実なことが言えませんが、クロールエラーが順位に影響するのかなあと仮説を立てて取り組んでいます。

日下誠彦
執筆者:
株式会社エフティスマイル代表取締役。上場企業でのSEO・SEMの実績多数。現在は企業のSEO・インターネット広告におけるコンサル業務、及び自社サービスのSEO・SEM戦略を行っている。

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村