ドメイン移転に伴うリダイレクトは301なのか、302でも良いのか?

SEO
移転

先日とあるお客様から「リニューアルに伴いドメイン移転をしたが別のURLが検索結果に表示される」という連絡がありました。ドメイン移転をしたばかりなのでまだ安定していないのかもしれませんが、確認したところ一つ気になることがありました。それがリダイレクトです。新ドメイン移行に伴いリダイレクトをしているのですが、ステーテスが302だったのです。今回は永続的なドメイン移転なので301リダイレクトをするようにお願いしました。以後様子を見ています。いいきっかけだったのでリダイレクトについて改めて調べて見ました。

ステータスコードの違い(300番台)

Webサーバーからのリクエストに対してレスポンスを返します。この時HTTPステータスコードを一緒に送ります。問題なく表示できた場合のステータスコードは「200」です。200は「OK」を意味します。ステータスコードは内容により番号が割り振られ、300番台はリダイレクト関連を用途とします。

300 Multiple Choices
複数の選択。リクエストしたリソースが複数存在し、ユーザやユーザーエージェントに選択肢を提示するときに返される。
301 Moved Permanently
永続的な移転の時に使用します。Wikipediaでは「恒久的」と記載されてますね。意味は一緒ですが、恒久的はどちらかというと文語的な表現のようです。
302 Found
「発見した」リクエストしたリソースが一時的に移動されているときに使います。以前は一時的な移転の時に使用していましたが、現在は他のステータスコード(307など)に変わっています。SEO的には「301でも302でもページランクは渡す」と言うことですが、意味から考えると用途に合わせて正しく使い分けるべきでしょうね。
▼302(一時的な移動)についての新しい変更点(301リダイレクトとは/リダイレクトはSEOには諸刃の剣――301/302のサイトを活かす使い方・殺す使い方)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/11/25/16484
303 See Other
「他を参照せよ」リクエストに対するレスポンスが他のURLに存在するときに返されるとのこと。以前の302の本来的な使い方だそうです。「掲示板やWikiなどで投稿後にブラウザを他のURLに転送したいときに使われるべきコードとして導入された」という経緯があります。
304 Not Modified
「未更新」リクエストしたリソースが更新されていないことを示します。よくあるのがキャッシュで表示されている時です。Google Chromeでネットワーク状況を調べるとわかりますが、表示しているものがキャッシュの場合はステータスコードが「304」となります。

304ステータスコード
305 Use Proxy
「プロキシを使用せよ」正直使ったことがありません。プロキシを使用してリクエストを行わなければならないことを示すそうです。
306 (Unused)
実際には使われておらず、将来のために予約されているそうです。
307 Temporary Redirect
一時的リダイレクト。以前の302のものですね。本来的な302の使用法とのことです。
308 Permanent Redirect
恒久的リダイレクト。301と同じようですが、こちらのサイトを見ると違いがありました。POSTからGETへの変更を許可するか否かで使用すべきステータスコードが変わるようです。より厳格な使い方になりますね。
状況 永久的 一時的
POSTからGETへの変更を許可する 301 302
POSTからGETへの変更を許可しない 308 307

▼新たなHTTPステータスコード「308」とは?
http://gigazine.net/news/20140220-http-308/

Googleのドメイン移転に対する見解

Googlebot は複数の種類のリダイレクトに対応していますが、できれば HTTP 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。

Search Consoleにあるガイダンスです。Googleが明確に定義しているので、ページランクを渡す・渡さないというよりも301にすべきでしょう。301でないならば、用途に合わせて適切なステータスコードを選ぶべきです。

▼301 リダイレクトの準備を行う(URL の変更を伴うサイト移転)
https://support.google.com/webmasters/answer/6033086

▼ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用
https://support.google.com/webmasters/answer/93633

日下誠彦
執筆者:
株式会社エフティスマイル代表取締役。上場企業でのSEO・SEMの実績多数。現在は企業のSEO・インターネット広告におけるコンサル業務、及び自社サービスのSEO・SEM戦略を行っている。

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村