2018年モバイルファーストインデックス(MFI)対策を再確認|レスポンシブ対応は影響少

SEO
モバイル環境で利用

モバイルファーストインデックス(MFI)とはGoogleがインデックスする対象とランキングがモバイルページ中心になることです。2016年11月5日にGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表があり(※1)が、2018年3月27日に移行を開始しました(※2)。しかし、2018年5月現在一部サイトへの導入にとどまっています。公式発表から一年以上経過しているにも関わらず正式導入ができない背景はサイト運営者に対策するだけの期間を設けたと考えます。モバイルページの情報がPCページよりも少ないというサイト設計の場合、モバイルファーストインデックス移行により影響を受けます。インデックス対象がモバイルページとなることで情報が少なくなり発リンクが減少します。

モバイルページの情報が少ないと「検索対象が減る」という問題が生じます。MFI移行前はコンテンツにたどり着けないというユーザーエクスペリエンス(UX)の問題でしたが、移行後は実際には導入されないときちんと言えませんがアクセス数減少という問題に変わります。そのため移行期間を設けてサイト運営者が対応するだけの期間が必要だったのでしょう。

[注釈]
※1 https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html
※2 https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

モバイルファーストインデックスはインデックス分離ではない

改めてとなりますが、デスクトップ版とモバイル版でインデックスをそれぞれ分けるということではありません。インデックス分割ではなく、モバイルページが存在する場合にモバイル版をインデックスするということです。

PCとモバイルでインデックスを分割する方が良い気がしますが、これはこれで別の問題が生まれます。

  1. インデックス量が大幅に増える
  2. Googlebotがクロールするタイミングにより情報の差異が生じる

後者は技術的に対処しようとすると複雑になります。前者はGoogleに大きく影響を及ぼすことで、やるだけのメリットがない限りインデックス分割は困難ではないかと。少なくとも今ではないでしょう。

MFI導入時期はいつから?

Search Consoleに登録している場合は通知が届きます。登録していない場合はGoogleキャッシュやGooglebotのクロール状況を確認します。キャッシュの確認は以下です。弊社サイトの場合なのでURLを書き換えてください。

cache:https://www.web-ma.co.jp/

まとめるとモバイルファーストインデックス移行は次の3つで確認できます。

  1. Search Console経由での通知
  2. Googleキャッシュページがモバイル版となる
  3. スマホ版Googlebotの増加

さて、当サイトはモバイルファーストインデックスへ移行が完了していません。Googleがモバイルファーストインデックス移行を開始すると公式発表した3月27日以降のGooglebotのアクセス数推移を掲載しますが、ご覧のようにまだPC版の方がクロール数が多いです。4月22日〜4月28日の週はスマホ版Googlebotのアクセス数が100を超えましたが、翌週には4分の1以下になりました。

Google / Googlebot Google / Googlebot(sp)
3月25日〜3月31日 225 38
4月1日〜4月7日 208 40
4月8日〜4月14日 249 22
4月15日〜4月21日 271 51
4月22日〜4月28日 240 114
4月30日〜5月5日 156 27

▼2018年クローラーアクセス解析
https://www.web-ma.co.jp/analytics/2018.html

モバイルファーストインデックス導入への対策について

以下サイトのタイプ別にモバイルファーストインデックス対策の必要有無をコンテンツ一致についてのみで記載しました。

サイトのタイプ コンテンツ一致(PC・SP) MFI対応など
レスポンシブ MFI対策の必要はありません
別々のURL MFI対策の必要はありません
× モバイル版のコンテンツを見直す必要があります
動的な配信(アダプティブ) MFI対策の必要はありません
× モバイル版のコンテンツを見直す必要があります
デスクトップ版のみ モバイル時に順位が下がる可能性がある

モバイルファーストインデックスに向けた対策については過去に記事を掲載しています。2016年の記事ですが、やるべきことは今でも変わりません。

▼Googleのモバイルファーストインデックスに向けて考慮すべきこと
https://www.web-ma.co.jp/column/seo/318.html

また、レスポンシブと動的な配信(アダプティブ)についてはこちらの記事もご覧ください。

▼PCサイトとモバイルサイトの設計について
https://www.web-ma.co.jp/column/seo/190.html

日下誠彦
執筆者:
株式会社エフティスマイル代表取締役。上場企業でのSEO・SEMの実績多数。現在は企業のSEO・インターネット広告におけるコンサル業務、及び自社サービスのSEO・SEM戦略を行っている。

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村