Google Analyticsのランディングページでキーワード分析をする

アクセス解析
アクセス解析

無料で使えるアクセス解析といえばGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)。皆さんも当然利用していることでしょう。一般的に利用されているので、数字の基準が他と比較して理解しやすいというのもポイントです。そして自分がGoogle Analyticsを利用してよく見るのが「ランディングページ」です。その名の通り流入して最初に到達したページが一覧できます。

検索キーワードがわからない?

アクセス解析

ご覧のように現状検索キーワードのほとんどが「(not provided)」です。検索キーワードが判別できない流入が大半の現在、自然検索経由で細かいキーワード分析ができません。そんな時に便利なのが「ランディングページ」です。

ランディングページ

ランディングページは「セカンダリ ディメンション > 行動」にあります。

入口ページがわかる

選択するとこのように流入ページと数字がわかります。しかし、これだけではどんなキーワードか不明のままです。そこで役立つのがSearch Consoleです。

Search Console

Search Consoleの「検索トラフィック > 検索アナリティクス」ではキーワードと掲載順位が一覧できます。また、任意のページでフィルタリングも可能です。「キーワード」ごとに「対象URL」と「掲載順位」を把握しておくことで、Google Analyticsのランディングページからコンバージョンに至ったキーワードが推測できます。あくまで推測というのが残念なところですが、それでも自然検索でどのキーワードが有効かを知る指標にはなります。ただし、1ページ1キーワードで対策をしておかないと判別しづらいのでご注意ください。

昔のようにキーワード分析はできませんが、現状でもそれなりにキーワードが把握できます。運営サイトでどんなキーワードが有効なのかはざっくりではありますが認識可能です。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村