Googlebotが全体的に減少傾向、Bingbotは増加/2017年3月5日〜3月11日クローラー解析

クローラビリティ
2017年3月5日〜3月11日クローラー解析

2017年3月5日〜3月11日は713セッション33種類のクローラーアクセスと、前週と比較して約5.69%の減少となりました。

2017年3月5日〜3月11日Googlebot解析

GooglebotはPC版・スマホ版ともに減少です。PC版は平均セッション時間も10分56秒から3分18秒へと大幅減少してます。再解析が落ち着いたのでしょうか。スマホ版はPC版の8分の1程度の活動量です。スマホ対応をしていればそれ以上クロールする必要がないということでしょうか? 数ヶ月前と比較して5分の1のクロール数となっています。

2017年3月5日〜3月11日検索エンジンクローラー解析

その他の検索エンジンはBingが増加しました。今回126セッションと前週比約18.87%増です。次いでHaosou、米Yahoo!、Yandex、百度、DuckDuckGoと続きます。

2017年3月5日〜3月11日クローラー解析のみ

最後に今回の33種類のクローラー一覧です。新しいクローラーのアクセスがあると調査して新規登録しています。海外では見知らぬクローラーも多くあります。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。

クローラー解析ツールを導入すると各種検索エンジンのクローラーのアクセス状況がGoogle Analyticsで把握できます。

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村