Googlebotのクロール状況[2016年11月6日〜12日/当サイトのみ]

クローラビリティ
2016年11月6日〜12日のクロール状況

先週のクローラーのアクセスは前週よりも少し減少しました。といっても検索エンジン以外のクローラー(SEO分析ツールのクローラーなど)も来なかったこともあるので、全体傾向を見ても意味がありません。

Googlebotのクロール状況

まずはGooglebotから。ウェブ検索のGooglebotは約25%増加しました。クローリングだけでなく、前週よりも解析しています。
対してモバイル(スマートフォン、フィーチャーフォン)のGooglebotは約半数と大幅に減少しました。そしてほとんど解析されていませんね。

Bingその他のクロール状況

そしてBing、米Yahoo!、バイドゥのクロール状況です。バイドゥはクローリングをしているだけですね。

googleとbingの比較

最後に他のサイトではありますが、GooglebotとBingクローラーの比較です。巡回数は圧倒的にGooglebotですが、解析時間はBingの方が長いです。こういう差からもGooglebotの性能の良さを感じてしまいます。ウェブページはどんどん増え続けているので効率良くクロールする技術が不可欠なのでしょうね。Microsoftには頑張って欲しいのですが、現状は厳しそうな印象があります。

西部俊宏
執筆者:
株式会社Webの間代表取締役。上場企業でのSEOの実績やWebサイト構築実績多数。SEO・Web制作の経験からクローラビリティ改善・最適化サービスを提供している。
著者によるサービスについて

売上アップに繋がる本気のユーザーをホームページに呼び込みませんか?

※当ブログはブログ村に参加しております。
にほんブログ村